広島交通安全教育センター

沼田自動車学校

沼田自動車学校が運営する、企業・団体向けの交通教育研修センターです。

企業ドライバー研修

貨物ドライバーコース

貨物車両(・3t・5.5t・10t・持ち込み車)を使用した運送事業者様向けの実技講習です。

対応車種

  • 二輪
  • 普通車
  • 中型
  • 大型

タイムスケジュール

  時間 講習項目 講習内容
 
10:00~10:30
開講式 オリエンテーション 受講者様カルテの作成
1
10:40~11:20
OD式運転適性検査 適性検査を実施して、注意力、判断力、柔軟性、決断力等、16項目の適正度を診断します。
2
11:30~12:00
ストレッチ体操 安全な運転は、ドライバーが心身ともに健康な状態で運転行動をとって初めて達成できるという理念に基づいてストレッチ体操を実施します。
日常点検 道路運送車両法に基づく日常点検を実施して、車両の故障及び事故防止・コスト低減効果の確認を致します。
 
12:00~13:00
昼食
3
13:00~14:50
実技I(基本走行) 基本的な運転技術の習得(運転姿勢・ブレーキング技術・安全な乗降方法)に加えて個癖の修正と基本姿勢の重要性を理解して頂きます。
4 実技II(運転走行) 基本的な運転技術の習得(スラローム走行による人間の限界や危険回避の方法)に加えて車間距離の必要性を体得します。
5
15:00~15:30
実技III(疑似体験) シートベルト・エアバックの疑似体験を通じて、事故が生じた場合のシートベルト着用・未着用では被害差が大きい事を確認します。
視界による距離の錯覚、運転席から見えない死角などを再確認することにより、事故に繋がる視覚特性を体験します。
6
15:40~16:30
実技IV(添乗指導) 専用チェックシートを使って、チェック表の評価方法や添乗指導の留意点について説明します。運行管理者の添乗指導方法やチェック後の指導方法について具体的なアドバイスをすると同時に観察者を交えてRPを実施致します。
6
16:40~17:30
講義I 「地球環境に優しい運転技術」「通常走行とエコドライブの比較」「エコドライブのための点検整備」について説明します。
飲酒運転が及ぼす社会的な影響を事故事例を通じて理解して頂きます。又、飲酒ゴーグル等を使って飲酒運転の疑似体験をして頂きます。
コンピュータ・グラフィック動画を使って危険予測能力について客観的に自己分析をして頂き改善点を指摘致します。
 
17:30~18:00
夕食
8
18:00~18:50
実技V(添乗指導) 専用チェックシートを使って、チェック表の評価方法や添乗指導の留意点について説明します。運行管理者の添乗指導方法やチェック後の指導方法について具体的なアドバイスをすると同時に観察者を交えてRPを実施致します。
9
19:00~19:30
実技VI(夜間検証) 夜間に潜む危険の恐ろしさ、ヘッドライトの上下や色による視認性の低下、蒸発現象や眩惑現象に加えて前車のテールランプに追従する傾向の根拠等を実際の場面で検証して夜間走行の危険要素を確認します。
 
19:30~
閉講式 ・修了証書交付 ・アンケートの記入

※講習の進行状況・天候等によっては若干の調整や変更がございます。

お問い合わせはこちら